Driver's license

一発合格を狙うなら合宿免許を利用しよう|格安の料金で参戦

海でもっとアクティブに

行動範囲を広げるなら

女性

車を運転するのと同じように、船の操縦にも免許が必要です。
船舶免許といいますが、船舶免許にはいくつか種類があり、一級、二級、特殊の小型船舶免許を取得するのが一般的です。
この違いは、海での操縦可能な範囲の違いによるものなので、目的に合ったものを選びます。
船舶免許の取得は、一見難しそうに思えますが、意外にも運転免許より短期間での取得が可能なので、希望者にとっては魅力的であるといえます。
国家資格である船舶免許の取得方法には複数ありますが、独学で勉強するよりは、教習所やスクールを受講する方がおすすめです。
免許取得のためのカリキュラムには、学習と実習があるため、実際に足を運んで学ぶ方が効率が良いからです。
特に実習で学ぶ操縦方法には危険が付きまといますから、しっかりと学ばなければなりません。
自分は勿論のこと、同乗者の安全を守ることが重要だからです。
登録小型船舶教習所では、所定の学科や実技など全ての教習過程を履修することが前提条件となっています。
修了試験があり、これに合格すると国家試験を受ける必要がなく、船舶免許が交付されます。
免許スクールの場合は、国家試験を受験するために講習を受けるのが目的です。
試験合格に向けて様々なカリキュラムが用意されています。
履修に必要とされる学習時間は、受ける免許によって多少の違いはありますが、短くて半日から長くても2日分なので、集中して履修できれば数日で船舶免許が取得できます。
これがあれば、釣りやマリンスポーツなどで、海での行動範囲を広げることができ、新たな楽しみ方も増えます。

釣りを楽しめる

船

釣り好きな人は、自分で船を持ち、自由に釣りに出掛けられるようになるととても楽ですが、それを適えるには、船舶免許が必要になります。
この資格を持っていないと、船を出すことはできません。
もちろん、船を所有するにしても船は相当な費用がかかりますので、資金も準備しておきましょう。
まず、資格取得から始めます。
船舶免許は芸能人にも持っている人が多く、とても人気です。
芸能人なら船を購入する資金もあるため、それで取得する人が多くなっているのです。
もちろん、一般人でも先祖代々、漁師でどうしても船を動かせるようになりたいという人は取得する必要があります。
船舶免許の試験には筆記試験もあるので、様々な知識を得られるようにすることが大切です。
また、専門的な用語なども出てくるので、専門的な参考書を購入する必要があります。
インターネットや書店などで情報を収集してみましょう。
また、船舶免許といっても種類があり、友人と船を出して釣りを楽しむために取得したいのなら、小型船舶免許で十分です。
小さな船を購入して、数名で釣りを楽しむことができます。
小型なら比較的、楽に取得できると言われています。
実際に、芸能人で船舶免許を取得している人の多くも、小型の資格ばかりです。
趣味の一貫として休日に船を出して釣りをするには、ちょうどいい資格と言えます。
一方、漁師などが乗る船の資格はもっと取得が大変です。
このように、目的によって取得すべき資格も異なるので、よく調べてみましょう。

免許スクールで学ぼう

ハンドル

海や湖川で自由に船を操縦できる船舶免許を取得するには、まず免許スクールか登録小型船舶教習所か独学かで勉強します。
船舶免許は、1級・2級・2級(湖川)・特殊など船を操縦する海域によって分かれています。
そこで、自分が操縦したい海域の級を選び、免許スクールや小型船舶教習所で申し込み、学科と実技を学びます。
独学で学ぶ人は、実技ができないのでその場合は免許スクールで実技のみの教習を受けます。
免許スクールでの学科は1級では1日から2日間、実技は半日から2日間で行なわれます。
2級になると学科と実技どちらも半日から2日間で行なわれ、2級(湖川)と特殊は学科と実技は半日です。
しかし、各免許スクールによって、学習する期間には若干の違いはあるので自分の学びやすいところを見つけましょう。
免許スクールや登録小型船舶教習所や独学でしっかりと、学んだらあとは試験を受けるだけです。
試験を受けるためには、申込手続きを行いますがこれは免許スクールのほうで対応してくれます。
また、免許スクールでは船舶免許の試験に合わせて日程を組んでいるので、学科と実技を終わったあと、すぐに試験を受けるスケジュールになっています。
だから、免許スクールのほうで必要になる書類や準備するものがあれば教えてくれるので、その通りにするだけです。
船舶免許を取得するために免許スクールに通う期間は短いですが、学費はそれなりにかかるのでしっかりと勉強をして一発で合格するようにしましょう。