Driver's license

一発合格を狙うなら合宿免許を利用しよう|格安の料金で参戦

効率よく学ぶのでムダなし

短期間で取得できる

教習所

よく聞く合宿免許とは、自動車学校に宿泊しながら自動車免許を取得するための教科や実習を効率よく短期間に受けられる仕組みです。
宿泊しながら教科学習と実習を行うので、普通自動車免許だとAT車は13日から14日ほど、MT車は15日から16日ほどで取得可能です。
ただ、個人差はあるので最短だとこれくらいで普通自動車免許を取得できますが、これより長くなるケースもあります。
普通自動車免許の合宿免許の費用は、約20万円からが多く、年齢制限があり25歳以下が条件となっている自動車学校がほとんどです。
宿泊場所は自動車学校の敷地内にある場合と一般のホテルに宿泊する場合とがありますが、個々の合宿免許を実施している各自動車学校によって違います。
また、食事付きもあれば自炊できる合宿免許もあるので、自分の希望に合わせて選べます。
全国にある自動車学校の多くがこの合宿免許を実施しているので、新潟で免許を取得したいときには新潟にある合宿免許に参加すればいいでしょう。
新潟は雪国なので、季節によりますが雪道に対する本格的な実習を受けることが可能です。
もちろん、雪の降らない地域の自動車学校でも新潟と同じように雪道のための実習はありますが、実際に雪道を走ることはできないのでその点では新潟にある自動車学校より劣ります。
スキーなどウインタースポーツをする機会の多い人なら、新潟の合宿免許に参加して雪道を実際に走る実習はかなりおすすめです。

比較サイトで探そう

女性

2週間程度で運転免許が取得できる合宿免許を遠方の地域で選ぶ人が増えています。
東京などで人気となっているのが新潟の合宿免許です。
新潟は交通量の多い市街地やのんびりした田舎道、カーブの多い山道、海沿いの道など様々な環境がそろった街です。
ここは運転技術を高めるには最適な場所だと言えます。
そんな新潟で合宿免許に参加する費用は最安値でAT車なら税込19万円前後です。
またMT車ならこれより2万円前後高くなります。
夏休みや大型連休などの時期には申し込みが増えるので料金も比較的高くなります。
そのため安い料金で申し込みたいならこれらの時期を外した方がいいでしょう。
教習所によっては学生割引やグループ割引なども用意しているところもあります。
これを利用して友人同士で合宿免許に参加する人も多いのです。
中にはカップルで宿泊できる合宿免許もあります。
宿泊施設もホテルのほか自炊できる合宿所などから選ぶこともできます。
自炊する場合は炊飯器、電子レンジ、冷蔵庫、食器類なども揃っているので便利です。
また宿舎によっては温泉設備やテニスコートなども備えているところもあります。
新潟の合宿免許は教習所によって様々なサービスを行っています。
これらを比較するサイトもあるので選ぶにはこれを参考にすることをおすすめします。
また口コミの評判なども選ぶ基準となります。
自分に最も適した合宿免許を探して免許取得だけでなく観光やグルメなども楽しんでみませんか。

比較的料金も安い

運転する人

最近は首都圏などから新潟へ合宿免許に参加する人が増えています。
新潟は比較的合宿免許の料金が安く人気となっています。
また海や山など自然が豊かで観光も兼ねて新潟で合宿免許を取る人も多いのです。
教習での疲れを豊富な海山物のグルメや観光などで癒すこともできます。
また教習所も合宿免許の受講者には温泉付きのホテルを用意したり、スポーツ施設の割引や観光案内など様々なサービスを付けるところも多くなっています。
また早割やグループ割、交通費支給などの特典を設けているところもあります。
新潟の合宿免許で準備するものは運転免許証か健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれかと住民票が必要です。
そのほか申請書類に捺印するための印鑑を用意します。
これはワンタッチ式ではなく朱肉を使うタイプが必要です。
春休みや夏休み、冬休みなどの時期には申し込みが集中するので早めの予約が大切です。
また筆記用具や視力の弱い人はメガネやコンタクトなども忘れないようにしましょう。
事前に宿泊先の設備やアメニティグッズなどの有無なども聞いておくことも大事です。
合宿免許ではホテルを利用する場合、アメニティグッズはほとんどの場合そろっています。
しかし激安の宿舎の場合は備え付けがないこともあります。
しかし万が一用意がなくても現地でそろえることもできます。
洗濯はコインランドリーを利用しますが、十分な量の下着や着替えなどを用意しておいた方がいいでしょう。
うっかり忘れることが多いのがスマホやPCなどの充電器です。
現地に着いてから気づく人も多いので出発前に確認することが大事です。